--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/96-b748b7f8

10

16

コメント

城山に行ってきました

10月11日、昼過ぎまで仕事をして、2時過ぎから福井市の浅水地区にある城山(じょうやま)に登ってきました。
僕以上に怖がりで標高500メートルで高山病になるカミさんを伴っての大登山です。
高さは202メートルという30分もあれば登れてしまう山です。
この間ケーブルテレビの「てくてく歩こさ」で山下君が紹介していた山ですぞ。
下の写真は城山の頂上から福井市街を見たところ。
中央に位置するのは八幡山ですな、だから左上のコンモリは足羽山ということになります。

蝓主アア+012_convert_20101016202711

なんの変哲もない山ですが、名前の通りむかし城があったようです。
木曽義仲の家来が守っていたと頂上の立て札には書いてあったところをみると、えーーーっかなり昔の義経、頼朝の時代ですね。

蝓主アア+006_convert_20101016202611

山は結構鬱蒼としていて雨上がりで滑りやすい状態でしたので、持っていった杖が大活躍しました。
そう、ツエツエバエってどんなハエやったっけ。ランゲルハンス島ってどこの島やったっけ?
見晴らしは頂上まで開けませんが途中途中のキノコが何ともかわゆいかったです。

蝓主アア+017_convert_20101016202744

モチロン名前などは知りません。
ヨーロッパの童話に出てくる様なキノコざます。

蝓主アア+018_convert_20101016202823

毒キノコに間違いないと思います。

蝓主アア+019_convert_20101016202924

山から下りて南へ車を走らせていたら、立派なお寺が。
「常照寺」とありました。???最近何処かで見たような。
???そういえば泰澄大師が生まれたのは浅水だったはず。
そうや、泰澄大師ゆかりのお寺じゃないか。
蝓主アア+020_convert_20101016203004

車で裏手に廻ったら、「なんじゃこりゃ」。
立て札と両側に小さな池が。泰澄大師の産湯の池と雷の池じゃと。

蝓主アア+021_convert_20101016203037

泰澄大師はここで生まれ神童と崇められ、奈良に呼ばれて大きな仕事をした。
そして彼は白山を開き、今で言えば「日本最初の登山家」でもあった。
勝山平泉寺を開いたのも泰澄大師。
後々僧兵8000人を擁することになるその平泉寺は今日登った城山の木曽義仲軍と戦った。

ああ、不思議な因縁、歴史のロマンですなあ。

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/96-b748b7f8

プロフィール

漂泊のオケマン

Author:漂泊のオケマン
15歳よりフルート、

25歳よりオーボエ、

40歳よりヴァイオリンを始める。

現在は福井交響楽団ヴァイオリン奏者。

2003年、民族楽器アンサンブル「豪音」を結成。

2009年、「福井バロックノーツ」を結成。

幼稚園、学校、施設での音楽講座、コンサートを活発に行っている。

子どものヴァイオリン教室・大人のヴァイオリン教室を福井市宝永の自宅と勝山ニューホテルで開いている。

見学・体験レッスンもOK。

詳しくはNスタジオヴァイオリン教室ホームページまでどうぞ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。