--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/82-e1713e63

09

05

コメント

越前海岸の河野地区、右近家に行ってきました

9月5日、日曜日、以前から気になっていた、越前海岸の右近家に行ってきました。
江戸時代の北前船そして明治の近代船主として活躍し、保険業に発展していった右近家の屋敷です。
崖の中腹には贅を凝らした西洋館が見えています。
日本海からの午後の光に輝いていました。

u9.jpg

これは右近家の正面の門。
門の正面には海を挟んで敦賀半島、さらに若狭富士「青葉山」、丹後の経ヶ岬が遠望できます。



これは門と玄関との間の空間。

u2.jpg

右近家の中は撮影禁止でした。
中庭から西洋館へ登っていく階段も風情があります。

u3.jpg

西洋館の一階はスペイン風なつくり。
ここは地中海かな、と錯覚。洒落てます。

u4.jpg

一階のバルコニーに出てみると視界が開けていよいよリッチで明るい気分に。

u5.jpg

その1階バルコニーから日本海を望む。
地中海というより、やっぱり日本海に見えますが
今年の夏の陽はギンギンに海面を照らしていました。
輝いている方向に夕陽が沈む予定ですがまだ3時間余りも先。

u6.jpg

二階に上がる窓にステンドグラス。照明もセンス良い。

u7.jpg

西洋館の上にさらに階段があり、あづまやからの眺望は人間の心を広くしてくれそう。

u8.jpg

内陸の府中(武生)の産物を敦賀湊に運ぶことから発展し、
関西から北海道まで北前船で乗り出していった右近家。
日本海を真正面に見据えた右近家の建物からは暗い北陸を全く感じさせない
外交的、社交的がパワーがみなぎっていた。
予想を超えた素敵な休日を貰いました。ありがとう。

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/82-e1713e63

プロフィール

漂泊のオケマン

Author:漂泊のオケマン
15歳よりフルート、

25歳よりオーボエ、

40歳よりヴァイオリンを始める。

現在は福井交響楽団ヴァイオリン奏者。

2003年、民族楽器アンサンブル「豪音」を結成。

2009年、「福井バロックノーツ」を結成。

幼稚園、学校、施設での音楽講座、コンサートを活発に行っている。

子どものヴァイオリン教室・大人のヴァイオリン教室を福井市宝永の自宅と勝山ニューホテルで開いている。

見学・体験レッスンもOK。

詳しくはNスタジオヴァイオリン教室ホームページまでどうぞ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。