--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/76-7abe6f46

08

15

コメント

難局・難曲・何曲?

お盆は墓参りもあるし、娘と孫も来たしそれなりにお盆らしいことをあれこれしたいと思う。
しかし、あーあそのお盆も行き過ぎようとしている。
そして熱帯異常気象の中、今週から次の日曜日にかけて音楽のスケジュールがちとやばいことになっている。

19日が豪音コンサートで22日が箕面でのアンサンブル研究会。

豪音は年配者向けのコンサートでまだ全体のプログラムが未定で前日の練習で急遽仕上げないといけない。
今回はバイオリンも中国笛も弾かないといけなさそうで、いつもよりさらに受け持つ曲と楽器が増える。
これらの曲を一通りさらうのも結構大変。

アンサンブル研究会は一曲一曲がずっしり重い。
なにしろバッハの傑作、二つのバイオリンのための協奏曲第一楽章と『音楽の捧げ物』より六声のリチュルカーレと、トリオソナタの第一楽章。
おまけに先週のレッスンの終わりにモーツァルトの「クラリネット協奏曲」、
「ビアノ協奏曲ADur」、「フルートとハーブのための協奏曲」以上3曲のビオラパートの譜面を渡された。
アンサンブル研究会のオーケストラ譜である。

そうなのだ、伴奏をしてもらうオンリーでなく、オケに加わって他の人の伴奏もしてあげないといけない。
少なくともソロに迷惑がかからない程度には弾けていないとまずい。

それに木曜日には福井のオケの練習もある。
来月の北電コンサートに向けて仕上げにかかる時期に入って来たのだが、
今週は練習に参加するだけで許していただく。

涼しい秋風でも吹いてくれれば練習もはかどり、すこしは頭もすっきりするのに。

というわけでブログも今日はこのへんで失礼します。

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/76-7abe6f46

プロフィール

漂泊のオケマン

Author:漂泊のオケマン
15歳よりフルート、

25歳よりオーボエ、

40歳よりヴァイオリンを始める。

現在は福井交響楽団ヴァイオリン奏者。

2003年、民族楽器アンサンブル「豪音」を結成。

2009年、「福井バロックノーツ」を結成。

幼稚園、学校、施設での音楽講座、コンサートを活発に行っている。

子どものヴァイオリン教室・大人のヴァイオリン教室を福井市宝永の自宅と勝山ニューホテルで開いている。

見学・体験レッスンもOK。

詳しくはNスタジオヴァイオリン教室ホームページまでどうぞ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。