--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/54-9b240f82

06

18

コメント

UFOを見た:::::ことがある

UFOを見たことがあります。
ものすごく昔のことであるが。

高校生の頃もフラフラしていました。
勉強しなければという強迫観念をいつも背負いながら、毎日フラフラと部活をさ迷っていました。

吹奏楽部はほとんど毎日あるし、その合間を縫ってDISK部、天文部、UHO研究会に出入りしていました。
美少年(私)は要するに音楽と天文に惹かれていたのです。

始めの三つの部活は一般的に理解出来ますが、UHO研究会の活動はなかなか怪しいものでした。
UHOの研究をしているという怪しいオジサンを呼んでお話を聞いたり
資料を見せてもらったりオジサンを問い詰めたり、それからUHOの観測会もしたっけ。

それが校内放送で流れるんです。
「本日夜、UHOの観測会をします。UHO研究会の皆さんは放課後どこどこへ集まってください」

教室は大爆笑でしたが、僕一人真面目な顔をしていました。
まあ学校中、爆笑だったのではないかな。
5,6人いた部員は各教室で周りの生徒の蔑みのマナコの中耐え忍んでいたのです。
キリストの使徒のような心境です。

UFOの観測会は部員が全員手をつないで輪を作り「UFO様来て下さい」と必死に祈りました。
そうすることでUFOが発見し易い磁場を作るのがいいらしいのです。
しかし、どんなに一生懸命祈ってもUFO様は現れませんでした。

しかしながら、高校二年生の時僕はついにUFOに遭遇したのです。

それは火星大接近の日、親友の「サブロー君」(彼も天文部とUFO研究会に所属)
と足羽山の天文台へ観測に行った時でした。

二人は火星を望遠鏡で観測した後、屋上バルコニーでなんとはなしに空を見上げていました。
その頃の僕らは夜はほとんど空を見上げていた人種でしたから。

その時、二人ほとんど同時に「あーっつ」と叫んでその方角を指さしていました。

深緑色をした鈍く光る、空飛ぶ円盤と遭遇したのです。

ほんの2,3秒でしたが今でも、円盤が飛んだ角度,長さ、方向など説明出来るほどです。
「間違いなくUFOだよな」「ほやほや」
ついに、待望のUFOに遭遇して、二人は「選ばれた人類になったなあ」みたいに錯覚していました。

あくる日、緊急にUFO研究会の会合が持たれたのですが、我々二人が「UFOを昨日見た」と言うと、
別の二人が「俺も見た」と言うのです。
僕はそいつらの話は「ウソだな」、「コイツらは嘘つきだな」と思いました。
「誰にも信じてもらえなくてもいいや」。それからなんとなくごく自然にUFO研究会は消滅してしまいました。

「サブロー君」とは大学時代も行き来して大親友でしたが、
彼がある宗教団体に入ってからは全くの疎遠になってしまいました。

青臭い、汗臭い青春のひとコマでした。

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/54-9b240f82

プロフィール

漂泊のオケマン

Author:漂泊のオケマン
15歳よりフルート、

25歳よりオーボエ、

40歳よりヴァイオリンを始める。

現在は福井交響楽団ヴァイオリン奏者。

2003年、民族楽器アンサンブル「豪音」を結成。

2009年、「福井バロックノーツ」を結成。

幼稚園、学校、施設での音楽講座、コンサートを活発に行っている。

子どものヴァイオリン教室・大人のヴァイオリン教室を福井市宝永の自宅と勝山ニューホテルで開いている。

見学・体験レッスンもOK。

詳しくはNスタジオヴァイオリン教室ホームページまでどうぞ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。