--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/39-f1598e7d

05

11

コメント

志田弥広展感動しました

さて9日の日曜日はちょっと怖い「鹿島の森」を訪れてから「金津創作の森」へ移動しました。
そこをぶらぶら歩きながら出店されている作家さんの色んな作品に感動しながら「ボチボチ帰るべし」という時、友人のMちゃんにバッタリ遭遇しました。
Mちゃん「ワシはギャラリーでやってる志田さんの絵を見にきたんじゃ」。
「それはいったいなんじゃあ?」と思いつつも、密かに「このオッサンはスルドイからのお、いちおうチェックしなければいかんぞ」などとギャラリーに足を運ばせたのであります。
今日は大きなイベントの日だし、志田弥広展も無料じゃないかな、と期待を持ちつつちらと覗くと
すかさず係のネイサンが「ここからは有料となります」とキッパリ。
「ふむそんなことわかっておるわ」と動揺を隠しながらバシッと五百円玉を叩きつけたのです。
でも、入ってみて本当によかったです。
福井で美術の教師を勤めながら一昨年79歳で急逝するまで、描き続けた生涯を語るにふさわしい素晴らしい展覧会でした。
会場は「油絵」から独自に開発した技法の「拓画」そして晩年の洒脱な「墨絵」まで多くの作品で隅々まで埋め尽くされ志田の絵に対する執念とエネルギーに圧倒されました。
福井の画家はこれまでも色んな人の作品を見てきましたが、うかつにも志田弥広の名前も作品も知りませんでした。
あの時金津でMちゃんに会わなかったら一生志田弥広を見ることは無かったかもしれません。
そして鬼を描いた洒脱な墨絵の画集を1500円でゲット、鬼たちが福井伝統の職人を演じている12枚組の画集です。
額に入れて部屋に飾ろうと思います。
展覧会のチラシ
志田1
志田弥広のコメント「自分は鬼に魅入られた絵師」だと言ってます
志田2
12枚の職人鬼
sida.jpg



スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/39-f1598e7d

プロフィール

漂泊のオケマン

Author:漂泊のオケマン
15歳よりフルート、

25歳よりオーボエ、

40歳よりヴァイオリンを始める。

現在は福井交響楽団ヴァイオリン奏者。

2003年、民族楽器アンサンブル「豪音」を結成。

2009年、「福井バロックノーツ」を結成。

幼稚園、学校、施設での音楽講座、コンサートを活発に行っている。

子どものヴァイオリン教室・大人のヴァイオリン教室を福井市宝永の自宅と勝山ニューホテルで開いている。

見学・体験レッスンもOK。

詳しくはNスタジオヴァイオリン教室ホームページまでどうぞ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。