--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/37-36d6d4c0

05

06

コメント

「名水めぐり」始めました

五月の連休、僕は観光地やイベントなど行きたくもないへそ曲がりなもので、ひとけのない名水などを巡ってみようかと思い立ちました。
篠座
まず始めに、大野市内の:::あの有名な「お清水」は行きませんよ。
へそ曲がりは大野高校近くの「篠座神社」の名水に行ってきました。
篠座2
この名水は目に良いということで知られていて、こんこんと湧き出るというほどはありませんが、小さな池を作っていました。
人っ子ひとりいないのが素敵です。
篠座3


次に行ったのは勝山市村岡町浄土寺の名水です。
その名も「たらたら山白竜龍の霊水」です。
なんともいわくあり気な名前で、いやがおうにも期待は高まります。
たらたら3
温泉施設「水芭蕉」の先を右折、1キロほどたらたらと車でたどると右手にいかにも霊的な崖の一角が僕にエネルギーを送って来るではありませんか。
ここだなあと車を駐車スペースに泊めて、細道をしばらく戻るとかなりの量の水が小さいほら穴の奥で滝のように落ちています。taratara3.jpg

少し暑さを感じる日和でしたが、この霊水の周辺はヒヤリとした空気が支配していました。
やはり「名水」は市や町が整備に乗り出してくると俄然ありがたみが薄れるように思います。
ここは場所といい水量といい申し分なく地元の人々が素朴な気持ちでお守りしている感じで、
「オヌシなかなかできるのお」と言わせるほどの立派な名水でした。
たらたら1


さて、その後は石川県の「白山比め神社」の延命水というのに行ってきましたが、残念ながら蛇口からその
延命水を出しているだけでビジュアル的にはがっかりで、写真は撮って来ませんでした。
次の日、小松市から山に入ったところにある、まさに怪しい「ハニベ巌窟院」を通り過ぎてその奥の「仏大寺」の霊水に行ってきました。
仏大寺.
そこは駐車場もあり祠というか水汲み場も整備されていて「おおっなかなか」と思いましたが、それにしても車1台も泊まっていませんでした。
でもゼンゼン心配は要らなかったです。
写真を撮ったり水を飲んだりしていると、車が3,4台ガガガと登って来てそこからどかどかと家族連れがポリ缶を手に手に降りてきました。
仏大寺
かっこいいロードレーサーで颯爽と登場した兄さんはヘルメットを脱いで顔を洗って清々しく山の空気をいっぱい吸っていました。
僕のやりたいことを眼の前でやられて、少々うらやましかったねえ。

見てくださいシッカリ整備されているでしょう?
それだけここは人が沢山、出入りする名水なんですね。仏大寺
これからも気持ちええ「名水」がありましたら、ご紹介したいと思います。
よろしく。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/37-36d6d4c0

プロフィール

漂泊のオケマン

Author:漂泊のオケマン
15歳よりフルート、

25歳よりオーボエ、

40歳よりヴァイオリンを始める。

現在は福井交響楽団ヴァイオリン奏者。

2003年、民族楽器アンサンブル「豪音」を結成。

2009年、「福井バロックノーツ」を結成。

幼稚園、学校、施設での音楽講座、コンサートを活発に行っている。

子どものヴァイオリン教室・大人のヴァイオリン教室を福井市宝永の自宅と勝山ニューホテルで開いている。

見学・体験レッスンもOK。

詳しくはNスタジオヴァイオリン教室ホームページまでどうぞ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。