--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一楽章

福井の吉崎御坊といえば…
「嫁脅しの伝説」「肉づきの面」で有名な願慶寺ですね! たしか、願慶寺は東本願寺派、もうひとつすぐ近くにある吉崎寺は西本願寺派、どちらも蓮如さんにちなんだ寺で、どちらにも同じような「嫁脅しの伝説」「肉づきの面」が伝えられてるんですよね。

私はとくに仏教徒ではないんですが、小学校高学年のとき名古屋に住んでいて、夏休みに福井~山中温泉を旅行で訪れたことがあるんです。
ことしの2月、ブログに「鬼にまつわるお話」としてご紹介してあるので、よろしかったら…
http://resolutely.blog6.fc2.com/blog-entry-429.html

04

25

08:37

漂泊のオケマン

高木さん、ありがとうございます。
しかし、詳しいですねえ。
嫁脅しの話は知っていますが二つのお寺に伝承されているとは知りませんでした。
高木さんが関係したNHKの番組もご紹介下さい。
お願いします。

04

25

22:45

第一楽章

いえいえ、お寺の名前も、2つのお寺に同じ伝説が残っている話も、ごく最近(2月)に鬼の話をブログに書こうと思って調べて分かったことなんです。

小学校6年の夏休みに北陸を旅したとき、越前松島・東尋坊を見たあと山中温泉に向かう途中に古いお寺に立ち寄り、そこで住職さんから話を聞いたことは覚えていたんですね。その話に出てきた「肉づきの面」で検索してみて色々分かったんです。今は本当にネットでなんでもすぐに調べられる便利な時代ですね。
当時訪ねたのは、少し山に登るような階段があって湧水にカニがいたのを覚えていますから、おそらく願慶寺の方じゃないかと思います。

04

25

23:57

漂泊のオケマン

高木さんに教えて頂いた願慶寺や吉崎寺に行ってみたいと思います。
何しろ車で30.40分の距離ですから。
吉崎御坊の周辺は不思議な地形や自然、植生に富んでいて、歴史や文化以外にも興味深い土地です。
一度しっかり味わい尽くさなければいけません。

04

27

19:47

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/222-68b10999

04

24

コメント

蓮如さん

23日の朝僕の家の前を蓮如さんが通りました。

毎年この時期京都の東本願寺から石川県堺の吉崎御坊まで昔ながらの北陸街道をたどって蓮如上人の御影を運んで行きます。



午前10時過ぎに九頭竜川にかかる舟橋をえっちらおっちら渡る蓮如さんに再び遭遇。

今度は接近して写真を撮らせてもらいました。

蓮如さんを曳く方々はほとんどがお年寄りですが、なかなかのスピードでスタスタと通り過ぎて行きます。

でも中には体調が崩れる人もいるようで京都から吉崎御坊まで完走?完歩?できる人はそんなにいないのではないでしょうか。



いまだこの北陸は浄土真宗王国。

「蓮如上人のお通り」の声を聞くと、各家から人が飛び出して行列を追っかけてお賽銭を上げます。

僕などは全く信心深くなく、お経一つも読めませんが、何故かこの行列には一度加わりたいな:と思っています。

多分思うだけで実行はしないでしょうが。

スポンサーサイト

第一楽章

福井の吉崎御坊といえば…
「嫁脅しの伝説」「肉づきの面」で有名な願慶寺ですね! たしか、願慶寺は東本願寺派、もうひとつすぐ近くにある吉崎寺は西本願寺派、どちらも蓮如さんにちなんだ寺で、どちらにも同じような「嫁脅しの伝説」「肉づきの面」が伝えられてるんですよね。

私はとくに仏教徒ではないんですが、小学校高学年のとき名古屋に住んでいて、夏休みに福井~山中温泉を旅行で訪れたことがあるんです。
ことしの2月、ブログに「鬼にまつわるお話」としてご紹介してあるので、よろしかったら…
http://resolutely.blog6.fc2.com/blog-entry-429.html

04

25

08:37

漂泊のオケマン

高木さん、ありがとうございます。
しかし、詳しいですねえ。
嫁脅しの話は知っていますが二つのお寺に伝承されているとは知りませんでした。
高木さんが関係したNHKの番組もご紹介下さい。
お願いします。

04

25

22:45

第一楽章

いえいえ、お寺の名前も、2つのお寺に同じ伝説が残っている話も、ごく最近(2月)に鬼の話をブログに書こうと思って調べて分かったことなんです。

小学校6年の夏休みに北陸を旅したとき、越前松島・東尋坊を見たあと山中温泉に向かう途中に古いお寺に立ち寄り、そこで住職さんから話を聞いたことは覚えていたんですね。その話に出てきた「肉づきの面」で検索してみて色々分かったんです。今は本当にネットでなんでもすぐに調べられる便利な時代ですね。
当時訪ねたのは、少し山に登るような階段があって湧水にカニがいたのを覚えていますから、おそらく願慶寺の方じゃないかと思います。

04

25

23:57

漂泊のオケマン

高木さんに教えて頂いた願慶寺や吉崎寺に行ってみたいと思います。
何しろ車で30.40分の距離ですから。
吉崎御坊の周辺は不思議な地形や自然、植生に富んでいて、歴史や文化以外にも興味深い土地です。
一度しっかり味わい尽くさなければいけません。

04

27

19:47

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/222-68b10999

プロフィール

漂泊のオケマン

Author:漂泊のオケマン
15歳よりフルート、

25歳よりオーボエ、

40歳よりヴァイオリンを始める。

現在は福井交響楽団ヴァイオリン奏者。

2003年、民族楽器アンサンブル「豪音」を結成。

2009年、「福井バロックノーツ」を結成。

幼稚園、学校、施設での音楽講座、コンサートを活発に行っている。

子どものヴァイオリン教室・大人のヴァイオリン教室を福井市宝永の自宅と勝山ニューホテルで開いている。

見学・体験レッスンもOK。

詳しくはNスタジオヴァイオリン教室ホームページまでどうぞ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。