--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/201-bd123088

10

23

コメント

今月のレッスン:「噛まないでー」

あーあ、忙しさにかまけてブログをほったらかしにして、ブログ君ゴメン

おとといは月一の師匠のレッスンでした。

このところのレッスンのテーマは「噛まない音」

そして、「噛まない音」はすなわち「でかい音」なのだ、裏板を鳴らす音がホールでは大きな音になるのだ、といつもの説明。

とにかくヴァイオリンの裏板を鳴らせ:::そのためには弦を出来るだけ、可能な限り真円で回しなさい、と言う事。

弦を真円で回せば縦振動が大きくなる、それが駒に伝わる、表板が鳴る、さらに魂柱に伝わり裏板が振動しでかい音になる。

ノイズの多いいわゆる「噛ませた音」は近くではいかにも「でかい音」に聞こえるが、それは大いなる誤解。

弓圧をかければ「噛ませた音」になる。それは弦が弓圧によって楕円の軌道を描く。それは真円に比べると縦振動が小さいので、その分裏板が鳴らないことになり、ホールでは響きの少ない小さな音になってしまう。

そして今回はいつもとは少しアプローチを変えてのレッスン、またの名を「追い込み」が始まった。

「さて、ノイズの無い音はどうやったら出ますか?」

「弓が弦に触らなければ、ノイズは出ません」(笑い)

「さあスタートはそこからです。次第に弓を弦に近づけて音を出します」

「そう、スルタッソ状態から半歩、ほんの少し入ったところで弾けばフォルテッシモが出ます」

「離れた所で聞いてみてください」:::弟子は部屋の端っこへ移動。

凄い、響きの付いた豊かな音が教室ほどの大きさの部屋を充たしている。

「噛まない豊かな音」が獲得できたら、左手と右手のシンクロとイメージ通りに音の形を表現するレッスン。

3ミリのボーイングでアクセントの付いたイメージ通りの音を出せと言う、いや、おっしゃる。

3センチでも結構少ないボーイングなのに3ミリなどとは弾いたことなど無い。

「10センチも3ミリも同じ量の情報量が存在するように」

「一昔前のワープロのようなドット数ではダメ、ドット数を目一杯増やすように」

もう、この辺りで僕の脳から煙が出ました。




スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/201-bd123088

プロフィール

漂泊のオケマン

Author:漂泊のオケマン
15歳よりフルート、

25歳よりオーボエ、

40歳よりヴァイオリンを始める。

現在は福井交響楽団ヴァイオリン奏者。

2003年、民族楽器アンサンブル「豪音」を結成。

2009年、「福井バロックノーツ」を結成。

幼稚園、学校、施設での音楽講座、コンサートを活発に行っている。

子どものヴァイオリン教室・大人のヴァイオリン教室を福井市宝永の自宅と勝山ニューホテルで開いている。

見学・体験レッスンもOK。

詳しくはNスタジオヴァイオリン教室ホームページまでどうぞ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。