--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/161-c9321049

05

26

コメント

諏訪内のショスタコーヴィチ

またまた、ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第一番の話ですが。

僕のお弟子さんとその話をしていて、諏訪内晶子のビデオ持ってるという話になった。

僕もかなり古い記憶を紐解いて、そうだよ、それ昔見た事あるよ、と記憶がよみがえった。

早速持ってきてもらって鑑賞。

諏訪内晶子がチャイコフスキーコンクールで優勝した直後の演奏。

彼女がまだ桐朋の学生の頃の映像で髪は長すぎる位長いし、顔はまるまるで健康そうだし、にきびまでポツポツ。

でも、演奏は凄い。

二十歳前半の女性ソリストの勢いは恐ろしいものがある。

この難曲をいとも簡単に普通に弾き切ってしまっているのもあ然とするが、彼女の肝の据わり方がやはりただ者ではない。聴衆を引きこんでいくオーラがメラメラ。

最近の彼女の演奏は見ていないがちょっと前の彼女は知っている。
しかるに、この時代の圧倒的な存在感は特別な感じがする。

チャイコフスキーコンクールの栄冠を引っさらっていったのもなるほどとうなづける。

浅田真央がシニアの大会に殴りこみをかけたイケイケの時を彷彿とさせる凄さですな。

でも、音楽家なんて50歳過ぎてなんぼのもんでしょ。

諏訪内さんもこれからの人と期待したいです。



スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/161-c9321049

プロフィール

漂泊のオケマン

Author:漂泊のオケマン
15歳よりフルート、

25歳よりオーボエ、

40歳よりヴァイオリンを始める。

現在は福井交響楽団ヴァイオリン奏者。

2003年、民族楽器アンサンブル「豪音」を結成。

2009年、「福井バロックノーツ」を結成。

幼稚園、学校、施設での音楽講座、コンサートを活発に行っている。

子どものヴァイオリン教室・大人のヴァイオリン教室を福井市宝永の自宅と勝山ニューホテルで開いている。

見学・体験レッスンもOK。

詳しくはNスタジオヴァイオリン教室ホームページまでどうぞ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。