--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/118-7d28af2f

12

22

コメント

来年の定期は半端じゃないよ

第九が終わりました。
指揮者(ホリヤン)が褒めちぎっていた。ソリストが感極まって涙した。
合唱団も大満足。
オケはどうなのヨ。
かなり頑張っていい第九だったと思うけど、もっと客観的な意見が聞きたい。
こんな時Mちゃんの辛口の批評が必要。

だって弾いてる本人たちや歌っている人達は何がどうなっているか解らない。

さて、自分としてはかなり頑張った第九でした。
もちろん完璧には弾けなかったけど、終始アグレッシブで取り組めた。

少々乱れてもそれを引きずることなく前向きでいられた。
そんな自分にちょっと満足。

次の定期は来年の6月。
時間は十分ある。
曲は?

ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番とシベリウスの交響曲第2番。
信じられない完璧なプログラム。
しかもソリストは本県出身の戸田弥生さん。

戸田弥生さんはショスタコーヴィチに相当入れ込んでいる。たぶん間違いない。
彼女からのご指定の協奏曲なのだ。
そしてショスタコーヴィチ渾身の恐ろしい大曲なのだ。

戸田弥生さん相当ヤル気です。
ウチも覚悟を決めなきゃ。

シベリウスも燃えに燃える曲。
再び言うけれど完璧なプログラミです。
変な演奏したら絶対許されません。

何が面白いって、こんな難題ふっかけられたアマオケ。
これ以上のやり甲斐ってありますか?

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://nstudio.blog129.fc2.com/tb.php/118-7d28af2f

プロフィール

漂泊のオケマン

Author:漂泊のオケマン
15歳よりフルート、

25歳よりオーボエ、

40歳よりヴァイオリンを始める。

現在は福井交響楽団ヴァイオリン奏者。

2003年、民族楽器アンサンブル「豪音」を結成。

2009年、「福井バロックノーツ」を結成。

幼稚園、学校、施設での音楽講座、コンサートを活発に行っている。

子どものヴァイオリン教室・大人のヴァイオリン教室を福井市宝永の自宅と勝山ニューホテルで開いている。

見学・体験レッスンもOK。

詳しくはNスタジオヴァイオリン教室ホームページまでどうぞ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。