--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05

12

コメント

トルコの楽器:ズルナ

今日、学生オケの同期生、小林氏からワケありの楽器が送られて来ました。

トルコのダブルリードの楽器、ズルナです。

トルコ軍楽隊の有名な曲「ジェディン・デデン」で空気を切り裂くような音色のあの管楽器がズルナです。

この曲を聞くと敵は恐れをなして逃げ惑ったという話もあります。

ズルナ

送られて来たこのズルナにはリードが付いていませんでしたので、家にあるいろんなリード(チャルメラ、オーボエ、イングリッシュホルン、菅子、ピリ)を合うものがないか出してみました。

ありました、ありました。

中国のダブルリード楽器管子のリードがなんとかぎりぎりフィットしました。

日本のひちりきによく似た楽器です。

それで「ジェディン・デデン」を吹いてみました。

割りとスムーズに吹けてしまいました。

音色はズルナの鋭さは無いもののまろやかで瞑想的な雰囲気が漂いました。

イケマス、イケマス、「ジェディン・デデン」もいけますが、もっと違った場面でも活躍できそうです。

「豪音」のコンサートでも活躍することまちがいなしです。

小林君、ありがとうございました。

プロフィール

漂泊のオケマン

Author:漂泊のオケマン
15歳よりフルート、

25歳よりオーボエ、

40歳よりヴァイオリンを始める。

現在は福井交響楽団ヴァイオリン奏者。

2003年、民族楽器アンサンブル「豪音」を結成。

2009年、「福井バロックノーツ」を結成。

幼稚園、学校、施設での音楽講座、コンサートを活発に行っている。

子どものヴァイオリン教室・大人のヴァイオリン教室を福井市宝永の自宅と勝山ニューホテルで開いている。

見学・体験レッスンもOK。

詳しくはNスタジオヴァイオリン教室ホームページまでどうぞ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。