--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01

09

コメント

復活 マイ ヴァイオリン

年末、同期生の小林一郎君に修理を依頼した僕のヴァイオリンが1月6日に戻って来ました。

予想したよりかなり重症な状態だったとのこと、写真も送ってもらいその詳細が如実に理解出来ました。
小林君談:::「修理と言うより半分は僕の創作」:::と言うくらい手を入れてくれました。

DSC_0582_convert_20120109093149.jpg

僕は全く気が付かなかったのですが表板に隙間が空いていたのです。
薄い刃を入れたらなんと!パリパリと剥がれてしまったらしいです。

DSC_0584_convert_20120109093236.jpg

ガンガン鳴る楽器でしたが何しろ量産品です。
削りも大まかで変に厚い箇所や薄い箇所が点在していて、スタンダードな厚みに削ってもらいました。
バスバーも常識外の太さだったとのこと。削ってくれました。

DSC_0589_convert_20120109093308.jpg

元々の修理の目的はネック(指板)が表板側に反っているのを戻してもらうことでした。
ニカワも合成ニカワを使っていたようで本物ニカワで圧着中。

DSC_0596_convert_20120109093349.jpg

駒も新品に替えました。

DSC_0597_convert_20120109093455.jpg

それで僕が弾いた感想ですが。
ちょっと以前とは違う楽器の手応えがあります。
それも良い方向に変化している。
音色と音量の統一感が明快になった。
E線の違和感が解決された。
これまでもうちのオケでは目立ってでかい音をしていた楽器ですがパワーも音色のグレードもアップして
僕が弾きこなせれば存在感がいよいよ増す予感です。

新しく購入した弓もなかなか感度が良い。
曲を弾いていても、細かい部分で粘れる感じがします。
音量もアップしているし音色の集中感も出たように思います。

さらに、お友達価格、同期生価格にしていただきありがたき幸せ、です。
何しろ僕の高価でもない楽器に真剣に向き合って下さったことを感謝します。
関西を代表するヴァイオリニストの奥さんにも弾いて貰ったようで、ご夫婦でかなりの最強タッグではないでしょうか。
また機会があればいろんな人にお薦めしたいと思っています。
ありがとうございました。

プロフィール

漂泊のオケマン

Author:漂泊のオケマン
15歳よりフルート、

25歳よりオーボエ、

40歳よりヴァイオリンを始める。

現在は福井交響楽団ヴァイオリン奏者。

2003年、民族楽器アンサンブル「豪音」を結成。

2009年、「福井バロックノーツ」を結成。

幼稚園、学校、施設での音楽講座、コンサートを活発に行っている。

子どものヴァイオリン教室・大人のヴァイオリン教室を福井市宝永の自宅と勝山ニューホテルで開いている。

見学・体験レッスンもOK。

詳しくはNスタジオヴァイオリン教室ホームページまでどうぞ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。