--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07

24

コメント

今月のレッスン

22日は月一回の師匠のレッスンでした。

今回も刺激的でキツイ内容でした。

①演奏の時は聴衆をどちらの方向に導くのか。
  普段の練習から超越した存在を意識し聴衆におもねることがないように。

②空間が形成されているか
  音自体が響きを充分に持つようにする、さらに存在感と空間性を獲得するように。 (返ってくる音を聴く癖をつけなきゃ)

③骨や関節を鳴らせ
  体をリラックスさせ体全体を鳴らすように。関節を緩ませ骨を響かせる。

④柔らかさは肩甲骨から 
  特に弦楽器は上下前後左右に腕が自由に動くように。
  予備運動::腕を真上に上げて(この動作が意外と難しい)棒のように上下に動かす。

⑤左手はカエルの舌のように指板を叩く
   左手でピチカートをするように弦にテンションをかける。
 叩いた後は力を抜く。指板を打つ音が乾いた美しい音になるように。
  (僕の場合、そこそこ音は出るようになったのですが、音はボコボコ言います)

⑥得意技を無くせ  
全ての技術を等身大に設定して自分の回りの等距離に置いておく。
  つまりチャンネル(技術)をより多く獲得し、少ない技術(得意技)に頼る事無く、その音楽に相応しい技術  
  がいつでもどこからでも簡単に取り出せるように。

というようなレッスンが展開し、一応用意していったヘンデルまでたどり着かないキビシイ2時間弱でした。

スポンサーサイト

プロフィール

漂泊のオケマン

Author:漂泊のオケマン
15歳よりフルート、

25歳よりオーボエ、

40歳よりヴァイオリンを始める。

現在は福井交響楽団ヴァイオリン奏者。

2003年、民族楽器アンサンブル「豪音」を結成。

2009年、「福井バロックノーツ」を結成。

幼稚園、学校、施設での音楽講座、コンサートを活発に行っている。

子どものヴァイオリン教室・大人のヴァイオリン教室を福井市宝永の自宅と勝山ニューホテルで開いている。

見学・体験レッスンもOK。

詳しくはNスタジオヴァイオリン教室ホームページまでどうぞ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。