--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01

30

コメント

雪の養浩館

一度雪の養浩館をブログに載せなきゃと思っていましたが、今日ようやく行ってきました。
自宅から歩いて5分の距離、いつでも行けると油断し続けて昭和57年に新築してから何と今日が2回目の入園。
今日もしっかり雪の降る中、絶好の雪景色が撮れそう。

鬢頑オゥ鬢ィ+001_convert_20110130184621
小学生の頃、養浩館は近所の子供の絶好の遊び場だった。
アップダウンありのクネクネの細い道を縦横無尽に走りまわっていました。
池で釣りなどしているとさすがに管理人が怒りにきました。
半分ここでは遊んではいけないと知りながら言われながらみんな毎日のように楽しく遊んでいました。

鬢頑オゥ鬢ィ+003_convert_20110130184704

事情が変わったのは越前松平家から福井市の管理になって、57年に全面新築してから。
今は入場は有料、今日は大人1名様210円払いました。


鬢頑オゥ鬢ィ+009_convert_20110130184742

ですから、子供の頃の遊びのホームグラウンドが国指定の名勝になってもズーッとふんと思っていました。
でも、新築してから20年以上経ったこのころでは何となく風格みたいなものが出つつあります。
その証拠にアメリカの庭園専門誌から何と日本第3位に評価されているらしい。
1位が足利庭園、2位が桂離宮、3位が養浩館、4位が栗林公園だそうです。
洟垂れ小僧らが立ちションしていた我らが庭が桂離宮と栗林公園に挟まれて評価されているんですよ。
スミマセンっでした。

鬢頑オゥ鬢ィ+018_convert_20110130184819

今日は恐ろしく寒かったです。物好きな入場者は僕以外には2名様だけ。
屋敷の中に入っても畳のつべたかったこと:::::

鬢頑オゥ鬢ィ+020_convert_20110130184849

池には7・8羽の鴨がさぶそうに固まって身を寄せ合っていました。

鬢頑オゥ鬢ィ+026_convert_20110130184923

屋敷は結構部屋数があって、広くはないが室内楽のコンサートくらいは出来そうな板の間もありました。
ちょっと食指を動かされかけています。

鬢頑オゥ鬢ィ+029_convert_20110130184952

最近では観光客もかなり訪れているようです。
雪の養浩館なかなか結構な塩梅でした。

鬢頑オゥ鬢ィ+030_convert_20110130185021

樹木も育ってきて秋の紅葉も名所になりつつあるし、梅林もあるらし。
3月初旬にまた来てみるかな。おいらのホームグラウンドだし。
スポンサーサイト

プロフィール

漂泊のオケマン

Author:漂泊のオケマン
15歳よりフルート、

25歳よりオーボエ、

40歳よりヴァイオリンを始める。

現在は福井交響楽団ヴァイオリン奏者。

2003年、民族楽器アンサンブル「豪音」を結成。

2009年、「福井バロックノーツ」を結成。

幼稚園、学校、施設での音楽講座、コンサートを活発に行っている。

子どものヴァイオリン教室・大人のヴァイオリン教室を福井市宝永の自宅と勝山ニューホテルで開いている。

見学・体験レッスンもOK。

詳しくはNスタジオヴァイオリン教室ホームページまでどうぞ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。