--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04

24

コメント

蓮如さん

23日の朝僕の家の前を蓮如さんが通りました。

毎年この時期京都の東本願寺から石川県堺の吉崎御坊まで昔ながらの北陸街道をたどって蓮如上人の御影を運んで行きます。



午前10時過ぎに九頭竜川にかかる舟橋をえっちらおっちら渡る蓮如さんに再び遭遇。

今度は接近して写真を撮らせてもらいました。

蓮如さんを曳く方々はほとんどがお年寄りですが、なかなかのスピードでスタスタと通り過ぎて行きます。

でも中には体調が崩れる人もいるようで京都から吉崎御坊まで完走?完歩?できる人はそんなにいないのではないでしょうか。



いまだこの北陸は浄土真宗王国。

「蓮如上人のお通り」の声を聞くと、各家から人が飛び出して行列を追っかけてお賽銭を上げます。

僕などは全く信心深くなく、お経一つも読めませんが、何故かこの行列には一度加わりたいな:と思っています。

多分思うだけで実行はしないでしょうが。

スポンサーサイト

03

18

コメント

養浩館庭園ライトアップ

鬢頑オゥ鬢ィ蠎ュ蝨偵Λ繧、繝医い繝・・+003_convert_20120318195014

養浩館庭園のライトアップに初めて行って来ました。

あいにくの天気で人がほどほどでゆっくり見れました。

子供の時は毎日のようにここで遊んで管理人に叱られました。

鬢頑オゥ鬢ィ蠎ュ蝨偵Λ繧、繝医い繝・・+005_convert_20120318195107

白梅は蕾でしたが、紅梅は咲いていました。

もっと沢山植えて欲しいと思いました。

鬢頑オゥ鬢ィ蠎ュ蝨偵Λ繧、繝医い繝・・+010_convert_20120318195141

夜の撮影は難しいですな。三脚が必要です。

ライトアップは年2回やっているようです。

08

13

コメント

ひまわり

福井市の明新公民館北でひまわりが集団で咲きほこっていました。

緑の葉っぱと黄色い花弁そして明るい茶色の種の部分のコントラストが好きです。

急いでいたものでベストポジションがとれず、車を降りてアイフォンでバシャバシャと乱写。
だからほとんどの花がアッチ(東を)むいています。

ひまわり1

ひまわりの花を見ると条件反射的にヘンリー・マンシーニが作曲した映画「ひまわり」のテーマを口ずさんでしまいます。

映画「ひまわり」のワンシーン:::

ソフィア・ローレンがロシア戦線へ出征し未だに帰還しない夫を探しにロシアへ。

そしてとうとう田舎町の駅で再会を果たすが、夫(マルチェロ・マストロヤンニ)はすでにロシアで結婚して子供までもうけていた。

彼女はいたたまれなくなり汽車に飛び乗り泣き崩れる。

咲きほこるひまわりの1本1本はロシアの大地で命を落とした若き兵士達の墓標なのか?

ひまわり2

ここ数年、ここはひまわりが乱舞する名所と知らつつある。

ひまわりの種を蒔いて頂いた農家の方も映画「ひまわり」の美しさに魅せられた人の一人ではないだろうか。

08

09

コメント

次郎丸町の「岡の泉」

先週の木曜日、「岡の泉」に行ってきました。

福井市街から東へ6~7キロ、岡保地区の次郎丸町にこんこんと湧き出る泉です。

前回は二人水を汲みにきている人がいましたがこの日は誰もいませんでした。

夏の強い日差しを泉の周りの樹々が遮ってくれてほっとする静かさと涼しさがありました。

水が透き通っていて、写真では水面が確認し辛いかも知れません。

随分と昔から有名な湧水らしく、戦国時代、一乗谷の朝倉氏がお茶会などを行うときはここまでわざわざ水を汲みに来たと看板に書いてありました。

あいにく僕は小さいペットボトル二本しか持ち合わせがなく車中で飲む分だけ確保。

次回は多めに持ち帰ってCOFFEEでも入れてみようかと思っています。

名水2

名水が湧き出る場所は何箇所か行きましたがそれぞれが個性的です。

神聖な雰囲気を醸し出している所や少しゾッとするような所もあります。

ここはとてもフレンドリーで爽やかな印象を持ちました。この近くに住みたくなりました。

おそらくは福井市街から最も近くにある名水でしょう。

こんなに癒される空間をこれからも大事にしたいですね。

08

01

コメント

レトロ・ゴミ箱

今日の午後は自転車でポタリング。
福井大学近くでこのところずーっと河川の工事をしている。

__ 2

かなりの、肉食系景観だったのでパチリ。
この川がどうなっていくのか興味がある。

__ 1

歌人の俵万智さんが高校の時に通学した田原町(ウソみたいな話)で大昔のゴミ箱を発見。
昔はゴミをこのゴミ箱に入れてゴミ収集の方が一軒一軒集めて回ってくれたのだ。
渋いっすねえ。

__ 3

近くでもう一つ発見。
田原町は物持ちがイイ町だなあ。
こちらは後50年は持ちそうなくらいシッカリしている。
うちの近所でこのゴミ箱は作られていた。
ある日突然ゴミはゴミ袋を所定の場所に集めるシステムに変更。
近所のゴミ箱屋さんは大変だったろうな。

__ 4

07

02

コメント

今年も緑におおわれた:::廃墟



越美北線と県道が上下に重なるポイントに立つ工場跡。

今年も鬱蒼とした緑に覆われてきました。去年よりすごい感じ。

列車が通るのを待っていましたが、昨年とはダイヤが変わっていて、シャッターチャンスを逃してしまいました。

前回と今回はアイフォンでブログを書いてみました。

やっと少しアイフォンの使い方が理解できるようになりました。

スマートフォン独特の日本語の変換が快適です。

05

04

コメント

朽飯八幡神社

4月29日、午前中は仕事に追われましたが午後大野の七間朝市フードピアに行ってきました。天気も良くたくさんのお店とお客さんで賑わっていました。

その後、越前市の戸ノ口近くの朽飯八幡神社に行ってきました。五月一日まで、三十三年に一度の式年大祭があるとのこと。

譯・011+041_convert_20110504071941

長野の諏訪大社の御柱祭りが七年に一度で、これは伝承も割とスムーズに行くと思います。

しかし、この朽飯八幡神社の三十三年に一度の式年大祭や、マリ共和国のドゴン族のシギの祭りが六十年に一度などと聞くと どやって伝承していくの?と心配してしまいます。

譯・011+045_convert_20110504072024

ところで皆さん、朽飯という文字を読めますか。:::::実はくだしと読みます。

僕も朽ちたご飯を食べてお腹を下すのだな、と覚えますがしばらくすると、エーッとどう読むんだっけとなってしまいます。

苔むした樹木の緑が綺麗です。

譯・011+047_convert_20110504072056

ゆるゆるとした長い坂と石の階段を登って行きます。さすがに立派な神社で、境内にはたくさんの祠が建っています。
朝鮮の人がこの地に機織りの技術を伝えたことを祀っている神社だそうです。
この神社の数キロ南には紙の神様を祀る大瀧神社があるし、この辺りは何となくパワースポットの気配がアリアリです。

譯・011+049_convert_20110504070853

こちらが本殿でした。サヨクの僕は日章旗の攻撃にオヨヨと後ずさりしました。
お賽銭をあげて二礼二拍手一礼をしますが、信心深くない僕はいつもサマにならないです。
この写真の方は僕ではありません。念のために。

譯・011+050_convert_20110504070935

本殿の下の広場にはステージが設営され、夜のイベント(ファッションショー)のリハをやっていました。

御柱祭の木落としやシギの祭りの仮面舞踊のような伝統的なパフォーマンスが加わると福井を代表する祭りになるのになあと若干の残念感が残りました。

譯・011+051_convert_20110504071013

でも一見の価値がある、一度は訪れても良い由緒正しい霊剣荒鷹な神社です。

プロフィール

漂泊のオケマン

Author:漂泊のオケマン
15歳よりフルート、

25歳よりオーボエ、

40歳よりヴァイオリンを始める。

現在は福井交響楽団ヴァイオリン奏者。

2003年、民族楽器アンサンブル「豪音」を結成。

2009年、「福井バロックノーツ」を結成。

幼稚園、学校、施設での音楽講座、コンサートを活発に行っている。

子どものヴァイオリン教室・大人のヴァイオリン教室を福井市宝永の自宅と勝山ニューホテルで開いている。

見学・体験レッスンもOK。

詳しくはNスタジオヴァイオリン教室ホームページまでどうぞ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。