--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04

25

コメント

今年の桜:::まとめ

4月13日、暖かな風に誘われて一人で福井城址から足羽河原へ花見に。

缶ビール片手に桜とアベックを交互に鑑賞。

真上には桜の大木がせり出してピンクと夜空の漆黒がくっきりと住み分けている。



15日の日曜日は快晴の絶好の花見日和。居ても立っても居られない。

しかし、しかし、僕は師匠門下生の年に一度の研究会(発表会)のため箕面へ。

早朝、福井駅へ向かう道すがらアイフォンで福井城址の桜をパチリ。

全く風もなく水面に桜と城址がくっきりと映る。

ついでに悪名高い、県庁と警察署のデカアンテナも映る。

覆水盆に返らず。福井県民は取り返しのつかない愚行を犯した。

福井城址にこのクソ箱さえ無ければ、福井市民のライフスタイルは劇的に変わっていただろうに。



これは18日の福井城址の花筏。

最後の最後まで桜を味わい尽くす。

毎年全く違った表情で僕を迎えてくれる。



翌日19日は仕事の道すがら福井市の東、戦国朝倉遺跡の近くの脇三ケ町の桜へ。

僕の秘蔵っ子桜、MY桜です。



同じ日の福井城址の花筏。

桜はほぼ散り終えて花筏は最高潮。

仕事から引退したら、おそらく半日これを見ているかもしれない。

今年も桜さん、ありがとうございました。

スポンサーサイト

04

11

コメント

福井もようやく桜が

先週の土曜日、桜も固い蕾の最中に1回目の花見宴会を催した僕でしたが、

今日、10日ようやく、桜が開花しました。

福井市の桜では一番早く咲くNHK前通り(桜通り)の桜が一斉に開花。

待ってました!!

この調子で福井城址の桜、足羽川原の桜、足羽山の桜:::と順々に咲いていきます。


553261_266726426752723_100002461040652_602992_446950521_n.jpg

しかし、今日はなんといきなり20度を上回る暖かさになり、

NHK前の桜も猛烈な勢いで遅れを取り戻すかのように五分咲きくらいまで一気に咲いてしまいました。

やばい:::このぶんでは今週土日辺りに満開が来てしまう。

土曜日はオケの練習日、そして日曜日は大阪で師匠の弟子たちの研究会(発表会)に出なくてはならない。

だから「15日は研究会はしないでえ」と言ってたのに。

でもそんなことにはめげない:::すきま桜男の僕ですから、

1日いや、1時間でもすきまがあれば桜のお側に参ります。

540090_266726926752673_100002461040652_602996_1119072647_n.jpg

あさって木曜日は同じ穴のムジナ:::ムラちゃんと花見します。

22日はお弟子さんや仲間と共ににぎにぎしく花見の予定。

もちろん福井の桜は散ってしまっているかもしれないので、

勝山の弁天桜、または竹田のしだれ桜を狙ってますぞ。

04

17

コメント

今年もまた桜が散っていく

16日土曜日の福井城址の桜です。

譯・011+036_convert_20110417231211

足羽川堤防の桜が老木化して間引きされたり枝を落とされたりして、相対的に福井城址の桜への注目度が上がってきました。

譯・011+039_convert_20110417234008

桜は満開になり散り始める頃が最高の見頃でしょうね。
そして本格的に桜吹雪になっちまうと僕のハートは寂しくて寂しくて華やいだ気分が一気に沈んで行きます。

譯・011+035_convert_20110417231102

でも普通のガックリではなくて没落していく誇り高い貴族の美しさを見るようでそこにこそ桜の美があるのではないかと思っています
ですから福井城址のお堀に浮かぶ花筏鑑賞は毎年欠かせません。

譯・011+027_convert_20110417230849

自転車を漕ぎながら期待に胸膨らましてお堀に駆けつけます。
そして毎年全く違う模様を描いてくれる桜の花びらのパフォーマンスに感動。

譯・011+029_convert_20110417231024

下は14日木曜日の脇三ケ町の桜。勢いが素晴らしい。年配の御婦人方4人グループが花見の宴真っ最中でした。

譯・011+011_convert_20110417230706

04

13

コメント

今年も綺麗だった

今年は天候不順で福井城址、お堀の桜は期待していませんでした。
でもまだ、雨も降り始めていなかったので、やはり、のぞきにいっちゃいました。
さすが、お堀に浮かぶ桜の花びらたちは綺麗でした。
今年は控えめな美しさに心打たれました。

さくら2


ここは新しく散った白っぽく見える花びらが集まって、ゆっくり橋の下に吸い込まれて行っています。

さくら3


ここはお堀の北東の水面です。
違った時間に散った花びらが違った色で集まって帯のように吹き寄せられています。
大和の色と形ですよね。

おほり3

ここは去年、鳴門の渦潮のようにぐるぐる模様がとぐろを巻いていました。
圧巻でした。今年は逆に優しさに感動。

さくら4
同じく北東の水面です。
去りゆく桜の季節に本当に美しいものを見せてくれました。
また来年もよろしくお願いします。
さくあ5

04

09

コメント

脇三ケ町の桜

sakura5.jpg

昨年自転車で朝倉遺跡までミニツーリングしていたら立派な桜を見つけました。
4本並んで競争で枝を張っています。
この写真は4/8正午頃、携帯で撮りました。


sakura3.jpg
近くには越美北線も走っているし、鉄道写真のポイントとしても最高じゃないでしょうか。
六座という踏み切りもまたかわいいですよ。sakura4.jpg

4本の桜の手前に1本少し離れてオリオン座のかに星雲のように爆発するように枝を延ばしている桜があります。
エネルギーが溢れています。今日あたりはもっとすごいだろうなあ。うずうず。
さくら1

03

31

コメント

寒くても桜はがんばっている

これは開花なのでしょうか?

今日31日、お昼頃、用事で県庁に行った時の写真です(携帯)。

NHK前通りは確認していませんが、これは一応開花ですよね。

福井城址の桜は毎年楽しみにしています。

満開の桜も極めて美しいのですが、

桜の花びらがお堀の水面一面に広がり風に吹かれて様々な模様を描き出す様は、

去り行く桜の季節の最後の楽しみです。

ということで、いよいよ桜の季節です。

sakura.jpg

プロフィール

漂泊のオケマン

Author:漂泊のオケマン
15歳よりフルート、

25歳よりオーボエ、

40歳よりヴァイオリンを始める。

現在は福井交響楽団ヴァイオリン奏者。

2003年、民族楽器アンサンブル「豪音」を結成。

2009年、「福井バロックノーツ」を結成。

幼稚園、学校、施設での音楽講座、コンサートを活発に行っている。

子どものヴァイオリン教室・大人のヴァイオリン教室を福井市宝永の自宅と勝山ニューホテルで開いている。

見学・体験レッスンもOK。

詳しくはNスタジオヴァイオリン教室ホームページまでどうぞ

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。